-

中古車を売却する時には委任状を提出しなければならないことがよくあります。それでは委任状とはどういうものなのか、実際どんなケースで必要になるのかを説明します。<br><br>委任状とは委任状はクルマの名義を変える状況でその本人が立ち会うことができないときに、誰か他の人に頼む旨を正式に記した書類です。要するに、違う人に依頼してあるということを、この書面で証明するということです。委任状を必要とする場合委任状が必要な状況というのは中古車買い取りの際に、買い取られるクルマの名義である当事者が立ち会うことができない場合です。車を売却するということは、名義が変わるということです。名義変更手続きは前オーナー、される者両者が必要なものになりますが、場合により手続きが進められないこともあります。そして本人がそこに同席できないけれど、名義の変更をしたいケースは委任状が必要です。名義の変更作業を代理でやってもらうといったケースで必ず委任状が必要ということになります。自動車買い取り業者やディーラーでは委任状は必須車買取専門業者やディーラーへの自動車買い取りという方法が、基本的な自動車売却法です。またこれらの売却先は、大多数が名義変更を代わりにやってくれます。名義を変える手続きを代理でやってくれるので複雑な作業が回避できるのですがその際に必要なものが本人の委任状なのです。店やディーラーが持ってきた委任状を使い捺印するのが通常です。基本的には必須のもの委任状はどうしてもなくてはならないということもないのですが、手放した車の名義変更手続きに出向くことができる人というのはほとんどいないと思います。知人同士の取引で一緒に立ち会うことが難しくないのであれば大丈夫ですがそのようなケースは稀です。なので普通委任状は買い取りの際の必須書類なのです。車買取とそれにかかわるリサイクル料についてそれほど知られてはいないのですが車には「自動車リサイクル料」という料金を支払わなければなりません。まず順番に解説しましょう。<br><br>自動車リサイクル料に関して自動車リサイクル料は2005年1月にスタートした自動車リサイクル法によって定められたものです。車を無駄なく処分するために、車の持ち主が支払う必要のある料金です。自動車リサイクル料の料金に関して車のオーナーにかかる自動車リサイクル料は自動車のメーカーや希少パーツの有無などクルマそれぞれで違います。通常は一万円前後です。装備などでその額は異なってきますが、車検の際に支払う場合は出荷された時点での状態に則ります。自動車リサイクル料の支払い自動車リサイクル法という法律は平成17年1月から出来上がりました。ですから2005年1月以降に新車購入した場合はもう新車の購入時に払っています。さらに2005年1月以前に購入した場合も車検の時に納めることになっています。また、自動車リサイクル料をあらかじめ払っている自動車を中古で買う時には、中古車の購入の際に納めなければなりません。つまり支払い義務の発生する時点での持ち主が自動車リサイクル料を払うようになるのです。リサイクル料の中古車買取時の扱い愛車を手放す際には、支払済みの自動車リサイクル料は還ってきます。と言いますのも、自動車リサイクル料という税金が最終オーナーに納付の義務があるためです。ですから自動車リサイクル料を払っている中古車であれば、支払い義務の発生する時点での所有者が変更になりますから、売った際に納付済みのお金が返金されます。しかし廃車にした場合は還付されないので勘違いしないようにしましょう。

Category

リンク