-

ローンキャッシングした際、返済をする時には利率を上乗せした返済になるのは誰もが知っていると思います。金融会社は利益を目的とした業者なのですから無論問題ありません。とはいえお金を支払う方は、ちょっとでも少なく払いたいと思うのが本音でしょう。利息制限法が施行される以前は年間30%近い利率を支払わされてましたが、設けられてからは高くても年間18%位といくぶん低く設定されていますので、相当リーズナブルになった気がします。この頃のローンの利子幅は4%位から18%位の間が設定されていて、利用上限額により定められます。使用可能額は申請者の査定によって決定します。総量制限により収入の1/3までと決められていますので、年の収入がいくらなのか?どういった職業なのか?カードの使用状況はどうなのか?などが審査され貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各会社で内容は変わります)と広い幅があります。そうしてその幅の中で決められた使用可能金額により利率も決まってしまいます。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった具合になるのです。いわば、査定が上がれば、貸付可能金額も良くなり、利息も低いというわけです。このことに疑念を覚えるのは僕だけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、これらは当然でしょうが、収入の良い人がキャッシングができないと困ると思えませんし、万一借りたケースでも金利が高かろうが低かろうが、お金の支払いに困る事はないでしょう。反って収入の少ない人は咄嗟に必要なので借りるという方が多く、利息が良くないとお金の返済に追い込まれるようになるはずです。このため利用可能枠の小さい人こそ低利率で活用できるようにすべきです。この考えは使う自分が置かれている立場としての意見です。この事実を考慮すると、利子を少なくする為にはどのようにすれば良いのかおぼろげながら分ったと思います。事実、これから書く方法で、申請する人が大勢いるので紹介しますと、カードローンの手続きに申込みをする場合、収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。キャッシング審査で全額通ればその分だけ利率が安いキャッシングカードを持つことができるのです。と言って全額キャッシングしなければいけないわけでもないのです。10万円でも50万円でも必要な分だけ使用可能です。また利用限度可能枠が300万円で最低金利年率7%位の金融会社もあります。そちらを手続きをすればその金融会社の最低利率で使用できるようになるはずです。どう思いましたか?見方を変えるだけで低金利のキャッシングできるカードを手に入れることが出来るようになります。自身の年の収入と金融業者の設定を比較し、調査さえ怠らなければ、より有利な状態で返済ができるので、しっかりチェックするようにしてください。

Category

リンク