-

どこにでもあるビギナー向けのFX投資の書籍では、「損が生まれた場面ではナンピンすることで、ポジション全体の買い付けコストを下げることができる」等説明されている事もありますが、現実にはそれは罠が待ち受けています。まず、ナンピン買いの理屈について手短に記述します。仮定として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いということでドル高になるほど利益が出るわけですが、思い通りに行かず95円までドル安方向に触れたとします。この状態でポジションを保持し続けたら、プラスになるためには損した分、ドル高に向う必要があります。皆さん、損は可能な限り早く戻したいと願うだろう。この状況を打破するためはじめに売買したのと同じ分の$を買い増します。そうしたら、平均の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。この結果、半分の幅で円安が進行すれば、損失を回復する事ができます。それが、ナンピンの方法です。このとおり、ナンピン買いの手法をみると、「納得だ」と思ったりするが為替は容易には思い通りにはいきません。最初から、1ドル=95円以下にならないとは、誰も分かりません。例として、市場が強い円高基調だとしたら、1ドル95円ではとまらずさらに円高ドル安にいく可能性は高くなります。例として、1ドル97.50円でナンピンをした場合に、95円まで円高ドル安になったら、ナンピンした分についても損失が生じます。そういう状況では最初に買ったドルと合わさって2倍の損が生まれます。このように、ナンピン買いは難しいです。それでは、市場が己の筋書きとは逆の方向にさっさと向う場合、いかなる方法で危機を回避すればいいのでしょうか。ここで取るべき手段は2つしかありません。まずはじめは潔くポジションを閉じる事です。もうひとつの手段としてはその段階で、自分か所持しているポジションを少なくして改めて外国為替市場が戻るのを黙って待ち望むことです。少し受動的な対策だと思う人もいるだろう。しかし、ポジションに損失が生じた場合一番有効な方法はこの2つ以外にはありません。無論、ロジックのうえではナンピンするという考え方もあるように思える。しかしナンピン買いは損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを買い増していく方法である。それでは、危機を避けることなど到底やりようがないと思ったほうかいいだろう。ナンピンを続けられればいずれは損失が回復するかもしれません。でも、それより前に投資資金が足りなくなってしまいます。

Category

リンク