-

自動車事故に巻き込まれた場面で自身が交通事故の被害者のケースでも事故を起こした人が手落ちをちっとも受け入れないことはかなり多く聞くことがあります。例として、故意に起こってしまったのではなく注意散漫で乗っていた車を激突された場合などにこうした押し問答につながってしまう場面がありがちです。かといってその場で物損と片付けられて数ヵ月後に体の変調が出た時に、病院の医師に作成してもらった診断書出すというのは後手に回るとなるのは仕方がなくなってしまいます。そうであるならば自動車での事故の過失割合の取り決めにはどのような物差しが存在するのでしょうか。厳密に説明しますと警察が判断するのは、核として車の事故の大きな過失が存在するのはどちらのドライバーかということであり過失の割合がどうなのかではないのです。さらに、決められた事故の責任者が公表される事はないです。よって、過失の割合は事故当事者の調整の結果で決定されたそれが賠償の算定の根拠となる訳です。この場合、互いが任意の保険に未加入の時には、互いがダイレクトに協議をせざるを得ません。けれども、当然の事ながらそういった協議では、短絡的な言い合いになる場面が多いです。さらに、お互いの言い分にギャップがあれば最悪、訴訟になりますが、その場合時間とお金の大きな損失は避ける事が出来ません。そこでほとんどそれぞれのドライバーに付く自動車の保険屋さん、この双方の会社に調整を頼む策を用い、ちょうどよい過失割合を客観的に結論付けさせるのです。こういった時自動車保険の会社は前の車での事故の裁判によって導きだされた判断から決定した判断基準、判例タイムズを元に推計と相談によって「過失割合」を決めます。とは言っても自動車での事故の場合では、遭ったのか巻き込んでしまったのかの如何を問わずとりあえず警察に電話するのが絶対です。その後、保険屋さんに連絡して、これから先の調整を委ねるのが順序となります。仕組みさえ把握しておけば、双方の不毛な交渉となる状況を回避できます。

Category

リンク