-

クルマに乗っている人であれば承知しているものですが、自動車税が徴収されます。それでこの税金は愛車の買取時に普通に還付されるお金なのです。このような事は実行してみると覚えられますがこれから一つずつ流れを簡単に案内しましょう。一応記載するならば、国産販売されている自動車のみに限らず外国の車などでも自動車税が還付される対象に決まってます。所有車についても当てはまります。自動車税という税金は自動車を持っている人が支払うお金でこの金額はそれぞれの排気量の大きさにより定められています。1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターから1.5リッターまでなら34500円になります。これ以上は500ccずつ5000円が乗ってきます。それからこれは4月1日現在ののオーナーがその年度の金額を納付するという決まりになっています。つまりは事前納付になるということですから勿論クルマを手放して、所有権を手放した時は先払いした分の税額は返還されるのです。自動車税は事前納付で来年3月までのお金を納めますからその翌年3月までの間に車を買い取ってもらった場合は、新しい保有者がこの税を負担するということです。買取先が専門店ならば買い取り時にあなたが支払いすぎた税額を返還してくれます。所有権が移った時からの税金は、権利が移った所有権を持った人が払わなければなりません。もしもあなたが10月のうちにクルマを手放した場合は11月から来年3月の間までの払った税金は還付されます。それは前述の通り自動車税は一年分を前払いしているということからも明らかです。ということは、前オーナーは売却相手に払いすぎた税金を返金してもらうということなのです。個人的に車を売買する際に意外とこの知識に気付かない人がよくいるため、確認するようにしなければなりません。自動車税という税金はクルマを手放すと返金されるという知識を意外に知っている人が少ない事をいいことにそのことを悪用する悪質業者もあるのです。こちらから自動車税に関しての話をしなければ、全然そのことに関して言わないという場合もしばしば見受けられます。なので自動車の買い取りを依頼する時には税金が返還されることの確認を怠らないようにする必要があります。

Category

リンク